ふんわり台湾

台日結婚、台湾のオススメ観光地、商品などを綴ります

台湾のトイレ事情

過去、2回しか台湾に行ったことはありませんが、私が感じた台湾のトイレ事情を書いてみようと思います。


1度目は旅行で4日間台北に滞在していました。


そして2回目は3ヶ月、苗栗(ミャオリィ)です。


初台湾の時もそして2回目のときも出発前、


文化の違いについてたくさんのブログを読みました。


そこで書いていたものの1つに《トイレ》があります。


水圧が弱い


トイレットペーパーを流してはいけない


トイレットペーパーを流してはいけなかったのに突然流す方向になった


などなど。


台北に行ったとき滞在したホテルは若干水圧に不安があったものの、ペーパーは流してオッケーでした。


詰まらせることが怖かったので、たまたま通りかかった清掃の職員さんにきいたところ、


笑いながら大丈夫だよと言われました。


その他、空港はもちろん地下鉄のトイレなど、すべてペーパーは流してオッケー。


大きなゴミ箱は設置されているものの、


ペーパーは流してくださいと書いてあるところが多かったです。


さて、3ヶ月滞在した苗栗はどうでしょう。


駅、カフェ、スーパーなどなど、こちらも問題なくペーパーが流れました。


彼の自宅も大丈夫でした。


むしろ水圧強め?と感じたほど問題なかったです。


ヒヤッとした経験もなくとても安心して使うことができました。


日本と台湾、トイレのキレイさは日本に軍配が上がりますが、


3ヶ月間、私は問題なく使うことができました。



f:id:yasumarutaiwan:20190324211253j:plain



このような表示がトイレのドアについているところが多かったです。


台湾は暑い時期が多いので衛生面を見ても流したほうがいいですよね。


台湾に住む!となると長期間滞在でいろいろなトラブルもあるかもしれませんが、


観光で始めて台湾に行かれる方のほとんどは台北に滞在すると思うので

観光地などのトイレは心配しなくても大丈夫だと思いますよ(^^)


私はかなり心配性なほうなので、詰まらせたらどうしよう…と行く前は不安でした。


それに私は女性なので生理の時とか、ペーパーを流せないなんてありえない……


と、思っていましたが、行ってみて安心しました!


これから、台湾人と結婚をして台湾に住むので、


長期間滞在で感じたトイレ事情なども記事にしていこうと思います!